頑固な踵の角質取りにおすすめな最強グッツを紹介!ベビーフット等のピーリングやステンレスのやすりは時間がかかる!毎日やってらんない!という方必見に時短でオススメな踵の角質ケアグッツ紹介!

ベビーフットも高級ヤスリも歯が立たない程の踵の角質におすすめケアグッツ!

夏以外にも実は冬も深刻な踵の角質問題。

 

そんな踵の角質ケアに空前絶後の大ヒットをしているベビーフット。

 

 

私もベビーフットや類似品を使用したことがあります。

 

実際に剥けるし、なかなかいいかなーと思いつつ、

 

最近は使用頻度が減っています。

 

その理由は以下

 

  • 1回1000円以上で高い
  • 一気に向けない
  • 角質がむける周期がバラバラで踵がボコボコになる
  • 下手に剥くと血が出る

 

とくに角質がむける周期がバラバラという点がネックになっていました。

 

パックタイプは結局デコボコをきれいにするためにまたつかうという流れが多く

 

値段が安いものでもないので使用頻度が減っていました。

 

 

他にも

 

ベビーフットの代わりにステンレスの踵やすりを使用していましたが、時間がかかる疲れる!

 

 

 

 

削れるけれとも。確かに表面は若干滑らかになるけれど、

 

ぬるい!私が求めている踵はコレジャナイ感。

 

そのような中でついに、

 

踵の角質をとにかくガッツリ綺麗に早く角質が除去できるものを見つけたので紹介します!

 

 

Sponsored Link

頑固で強靭な踵の角質でも削ぎ落せるゾーリンゲンペディー

 

Amazonでもかなり高評価なので知っている人は知っているフットケアグッツです。

 

医療大国ドイツの製品で、実際に医療現場でも使用さてれいる商品です。

 

期待しつつ口コミを見ると多いのが出血した!というもの。

 

ゾーリンゲンペディーの商品ページを見てみるとカッターの刃みたいなのがついているしで。。。

 

ぶっちゃけ不安しかない!

 

 

 

と思われた方が多いと思うので実際に私が使ってみた様子を次にまとめました。

ゾーリンゲンペディー使用手順

Amazonから届いて開封下状態が↓

 

本体と交換用の刃10枚入りが一緒に届きました。

 


 

持ち手に歯を取り付けて使うだけの簡単な仕様です。

 


 

少し使ってみた後なので多少角質がついていますが、

 

買ったばかりですともちろんついていないので安心してください。

 

 

刃の取り付け方

 

刃を載せる土台は刃かある方とない方があり、刃がある方が下になります。
刃自体は裏表上下どちらでも使えます。

 

こっち向きで

 

 

持ち手の金具部分の⌒の凸部分に合わせます。

 

刃の台のサイドを持ちながら持ち手を押し当て下にスライドさせてはめ込みます。

 

 

刃自体は薄く柔らかく押せば簡単に湾曲になります。

 

はめ込んでひっくり返して見たた状態がこちら。

 

ゾーリンゲンペディーこれで準備完了です。

 

実際に使っていく

 

私の問題のかかとがこちら。

 

 

そこまでひどいというわけでもないのですが、

 

踵の下あたりに謎の境界線が入っているのがお分かりいただけるだろうか。

 

角質の剥けるサイクルがバラバラだったことで表面がボコボコになった箇所です。

 

これを剥いていく!!

 

使うときの力加減

 

最初は刃を這わせるぐらいの力加減でやってみてください。

 

不思議と角質が厚い場所から刃がかかっていきますよ。

 

 

見ての通り、ピーラでりんごの皮が向けるかのごとく角質が取れていきます。

 

実際に取れた角質の薄さはこちら

 

指が透けるぐらいなのでかなり薄いです。

 

極端に角質が薄くない限りは一度削いだぐらいでは出血しないなという印象です。

 

同じ箇所を避けて、とにかくどんどん角質を剥いていきます。

 

 

一度剥いた箇所は未処理と比べて明らかにテカるのでわかりやすいかと思います。

 

踵の横の部分や

 

小指の横もそいでいきます。

 

角質を除去したら仕上げにクリームで保湿

 

仕上げのクリームは何でもいいですが、私は低価格で評価がよかったこちらを使います。

 

 

 

ちなみにですが、まだクリームを塗る前の踵をチラ見せ。

 

この時点でかなりツルツルなのがお分かりいただけるでしょうか。

 

 

ゾーリンゲンペディーを使用したビフォーアフター画像

<ビフォー>

<アフター>

 

ムギュっとかかとを掴むと皮膚が波打つまでに。

 



 

片足のみで最終的に取れた角質の量がこちら

 

この量をヤスリで削るとなるとどれだけかかるか・・・。

ゾーリンゲンペディー使用後後記談

  • とにかく楽に短時間でゴリゴリ踵の角質処理ができる。
  •  

  • 取り扱い説明書がドイツ語?で刃の取り付け方がイマイチぴんとこなかったが、ググったら使用者の動画説明もありすぐに解決。
  •  

  • 刃を間違って力強く押し当ててしまったとしても、ある程度しか削げない仕組みになっていているので安心。
  •  

  • 削いだところから既にキレイ。

 

 

1000円ちょいでこの仕上がり、このクオリティはさすが医療大国ドイツ製といったところです。

 

換えの刃もまだ10枚もありますし、これから気にった時にゴリゴリ角質除去をやっていこうと思います!

 

踵の角質ケアでマンネリ感を感じていた方は是非お試し下さい!!

 

 

 

 

 

Sponsored Link
page top