布団乾燥使っても端まで温まらない時は、布団を折って使いましょう!端まで温風が届くので逃げ回るダニに困っている方にもお勧めなやり方です!

布団乾燥機で逃げるダニにしっかり温風を当てる方法

管理人の一番大好きな場所布団を脅かす最小にして最強の敵ダニ。

 

 

ダニは布団乾燥機で布団の中を乾燥するだけでは死にません。

 

実は乾燥に強いダニもいる為、温風をしっかり当てなければいけません。

 

そこで逃げ回るダニに効率的に布団乾燥の温風を当てる方法を紹介します!

布団乾燥機稼働中に掃除機をかける理由

 

<レビューで使った布団乾燥機>

 

 

布団乾燥機の位置を下半分にセットする

 

 

布団の1/4面あたりに風口ノズルをセット。

 

 

布団を半分に折って布団乾燥機を挟み込む

 

 

布団を2つに折り畳みます。

 

 

 

折った布団にカバーを掛ける


掛け布団やタオルケットなどをかぶせ布団乾燥機の電源をONにしてください。

 

時間は90分が目安です。

 

熱がこもりやすくなる為温風を当てている面は、

 

1時間くらいでダニが死滅する温度の50℃まで達します

 

 

<布団乾燥機使用開始から1時間後の布団の温度>

 

 

1時間経ったら布団のカバーを取り掃除機を掛ける


カバーを外して温風を当てていない布団の表面を掃除機で吸い取ってください!

 

温風を当てていない面には温風から逃げたダニが移動してきていますので吸い取ってしまいましょう。

 

布団乾燥が終わったらまず裏を掃除機がけ

 

布団乾燥機が止まったら布団を半分に折った状態のそのまま

 

ひっくり返してもう半面も掃除機をかけてしまいましょう。

 

温度がさがるとダニが繊維にしがみついてしまうので温かいうちに逃げたダニを吸い取りましょう。

 

布団乾燥機を当てていた面はダニが死滅しているので焦らなくてもOKです。

 

最後にほこりやダニの死骸を丁寧に掃除機で吸い取って終わりましょう!

 

 

布団乾燥機で逃げるダニを駆除するやり方

 

普段、布団に掃除機をかけてダニを吸い取ろうとすると,

 

 

布団の繊維にダニはがっちりしがみついているのでなかなか吸い込めません。

 

しかし、布団乾燥機を使っている間、ダニは死なない温度の箇所に移動しようとするので、吸い取りやすい状態になっています。

 

 

シャープではこの性質を利用し、温風を当てながらダニを吸い取る布団用掃除機の商品があります。

 

 

 

 

 

布団乾燥機と一緒に使えばダニ対策に更に効果的なので、

 

しつこいダニに困っている方はチェックしてみてください!

 

 

関連ページ

除湿シートについている湿度センサーを復活する方法
除湿シートなどを買うと吸湿したら色が変わる布みたいな除湿センサー。便利だけど1度吸湿したら色が戻らない!ってことありませんか?復活させましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ ネット小ワザ 家具家電 美容・ファッション 家事・掃除 遊び・趣味