布団乾燥機!Amazonで人気おすすめ機種を比較してみました!

布団乾燥機スペック比較!Amazonで検索上位【2017年】

 

Amazonで検索上位(2017年秋ごろ)に表示される布団乾燥はこれ

<アイリスオーヤマ>FK-C2-WP

<象印>RF-AB20-CA

<日立>HFK-VH700N

 

 

 

 

比較内容は以下

    <布団乾燥機比較内容>

  • 金額(時期により多少の変動があり)
  • 本体サイズの大きさ
  • 本体の重さ
  • ダニ除去の効果(ダニ殺温度、50度以上がどれくらいの範囲までキープできるのか)
  • 1時間当たりの消費電力/電気代
  • 保証期間

 

 

Sponsored Link

検索上位に出てくる布団乾燥機(3種)の比較レビュー

<アイリスオーヤマ>

FK-C2-WP

 

金額

8,519

本体サイズ

24.5 x 40.1 x 16.7 cm

本体重さ

2.37kg

最高温度

65℃(噴射口)

ダニ除去効果

低い

1時間当たりの消費電力/電気代

560W/15.12円

保証期間

1年

サーモビューワ

コメント:3機種の中で金額が安く、またサイズ、重さが最も小さい。しかしサーモビューワを見てのとおり、布団の温度は45℃までしか到達しておらず、ダニの駆除には向いていない。メーカに確認したところ65℃は噴射口の温度であるとのこと。布団、衣類の乾燥のみであれば十分である。

<象印>

RF-AB20-CA

金額

10,947

本体サイズ

33.5x 35x13 cm

本体重さ

4.1kg

最高温度

70℃(噴射口)

ダニ除去効果

あり

1時間当たりの消費電力/電気代

655W/17.69円

保証期間

1年

サーモビューワ

画像なし。調べたところ。
噴射口付近の布団(全体の4割程度)が50度以上。

コメント:サイズ質量は2lのペットボトル2つ分くらい。ダニ除去効果のある温度50度以上が布団に噴射されるが範囲が狭いためまんべんなく布団に当てるには位置を変えながら行う必要があり(メーカ推奨は4回)多少手間がかかる。布団に噴射される空気は吸気口のアレル物質抑制フィルターによりクリーンである。

<日立>

HFK-VH700N

 

金額

10,090

本体サイズ

24.0×30.5×4.9cm

本体重さ

4.1kg

最高温度

70℃

ダニ除去効果

あり

1時間当たりの消費電力/電気代

680W/18.36円

保証期間

1年

サーモビューワ

コメント:サイズと質量は2lのペットボトル2本ぐらい。噴射口がU字型で上下左右前後から噴射されることにより広範囲に温風が届く。サーモビューワ画像より、噴射口から50℃以上まで到達する範囲が8割と3機種の中で最も広い。ダニの除去を行う場合、2回位置を変えて温風を当てるとより効果的とのこと(メーカ推奨)。アレルキャッチャー、HPAEフィルターがあるため、布団に噴射される空気はクリーンである。

 

 

布団乾燥機をダニ除去効果で選ぶなら日立

ダニが死ぬ条件として、一般的に50℃以上の温度で20〜30分当てる付ける必要があると言われる。

 

結論として、ダニ除去効果が最も高いのは日立のHFK-VH700 N

 

送風機がUの字になっており噴射口が各所にあるため、布団に温風が伝わりやすくなっている。

 

 

選べる乾燥モードが布団乾燥夏、冬、ダニ対策のほかに温風、送風、低温があり、ボタン一つで設定が完了する。(もちろんマニュアルモードもあり)

 

衣類や靴の乾燥の乾燥も可能。

 

 

収納に関してだが、布団乾燥機の大きさはPS3を2つ並べたくらいの大きさであるため、PCディスクや机の下に置いておけばさほど邪魔にならないサイズ。

 

値段も1万円前後と比較的安く、性能も安定している日立が最もおすすめ。

 

同じシリーズの新型であるがある。
新たにおまかせコースといって、乾燥後の布団の温度を自動で調整してくれるモードが搭載されているが本体価格が13,000円程。
3000円払ってでもこの機能が欲しい!という方は新型のほうをお勧めする。
※現在HFK-VH700 Nは在庫がある分のみ販売。無くなり次第HFK-VH770 Nのみの販売となる。

 

 

布団・衣類の乾燥のみでいいならアイリスオーヤマ

乾燥・布団温めのみでいいという方は断然アイリスオーヤマのFK-C2-WPがお勧め。

 

ノズルはホースに先端を付けただけみたいな、簡単な作りになっている

 

 

なんといっても軽くて小さいのがいい。

 

 

靴や服の乾燥に、風呂場にもっていって浴室乾燥機の代わりに使うのにもうってつけ。(感電・故障の恐れがあるので本体はちゃんと外にだして使うこと)

 

 

ただし、パワーも弱く、布団の温度が50度以下になることもしばしばなので、ダニを殺す効果はあまり期待しないほうがいい

 

ちなみにFK-C2-WPはダブル用で、シングル用はFK-C1-WPという型で売られている。

 

 

しかし、パワーもさらに弱いため、極寒地域であれば布団が温まるのがやっとではないかと思われる。
FK-C2-WPとFK-C1-WPで値段は数百円程度しか変わらないため、買うならFK-C2-WPをお勧めする。

Sponsored Link
page top