除湿シートのおすすめを紹介!人気の除湿シートの材質と吸放湿のデーターを比較し、用途別に紹介しています!

性能を比較したから分かる!あなたにおすすめな除湿シートを紹介!

 

衛生面優先なら洗えるモイスファイン!

 

モイスファインは吸水性が高い除湿シートの中でも唯一水洗いできる除湿シートです。
短時間で吸放湿を繰り返すので布団の下に通気空間がある
赤ちゃん用のベッドやすのこベッドなど寝具を使用している方にオススメです。

 

 

万人向け!コスパと性能に優れているベルオアシス

 

 

『年中使える』が売りのベルオアシスは布団の敷きっぱなしが多い方におすすめ!
口コミの評価でも地域に偏りなく高評価です。

 

Sponsored Link

除湿シートに使われている除湿繊維の材質を吸放湿データから比較する

現在売り出されている除湿シートの材質は主にシリカゲル・ベルオアシス・高級水繊維(SAF)・モイスファインのいずれかが使われています。

 

除湿材質によって何が違うのか?まずは各社商品の説明欄で提示している吸水性を比較しました。

 

 

シリカゲルB以外は実は対して差がない

商品によって、○○より吸水性が高い!等広告が出ていますが、
実は吸水性はシリカゲルB型以外の材質であれば対して差がありませんでした

 

吸水成分名

シリカゲルB

ベルオアシス

特殊吸水繊維(SAF)

モイスファイン

主成分

ケイ酸

ポリアクリル酸ナトリウム塩

アクリル系繊維

アクリル系繊維

吸水率

A型シリカゲルの2倍

A型シリカゲルの3~4倍

A型シリカゲルの3~4倍

A型シリカゲルの3倍

 

各社参考データ

 

特殊吸水繊維SAF

除湿シートのおすすめ!人気商品の性能を比較して紹介!

 

モイスファイン

除湿シートのおすすめ!人気商品の性能を比較して紹介!

 

 

ベルオアシス

除湿シートのおすすめ!人気商品の性能を比較して紹介!

もう少し調べてみたら使用する環境によって吸放湿に違いが合った

 

使用する環境によって吸放湿の性能が違うことが判明

 

特殊吸水繊維SAF

25℃以下でかつ高湿環境時の吸水性が高いことが分かる。
年間の気温が低居場所の湿気取りにオススメ。

データ参考URL:http://www.kinocloth.co.jp/products/nonwoven/thermal_bonding/pdf/safsheets.pdf

 

 

モイスファイン

吸放湿の量は温度よりも、湿度による変化が大きい。
吸放湿の間隔が狭いので梅雨の対策というよりも、赤ちゃんなど寝ている時の汗ムレ軽減にオススメ。

 

 

ベルオアシス

高湿環境の時にはB型シリカゲルの2倍の吸水率になる。
20℃の時の吸放湿実験データしかなく、あまり詳しいデータが得られなかったが、
口コミやレビューを見ると地域に関係なく、レビュー評価が高かった
除湿シートのおすすめ!人気商品の性能を比較して紹介!

その他!消臭効果を比較!モイスファイン・ベルオアシスが最も高い

 

消臭効果の実験データを比較

メーカーの実験データより消臭効果はモイスファイン・ベルオアシスが最もく、
特殊繊維SAFは酢酸(汗)の消臭効果が他の製品より3%低いことがわかった。

 

SAF

消臭率が酢酸(汗)96%、アンモニア99%
除湿シートのおすすめ!人気商品の性能を比較して紹介!

 

モイスファイン

アンモニア、酢酸(汗)の消臭率が99%

 

ベルオアシス

アンモニア、酢酸(汗)の消臭率が99%

除湿シートを選ぶなら重視するのはコスパか衛生面の2択でOK

 

除湿剤のデーターを見てもわかるとり、吸水に関しては対して差がないことがお分かりいただけたと思います。

 

そのためもし除湿シートを選ぶのに悩まれているのであれば、

 

コスパか衛生面の2択でOKです

 

コスパならベルオアシス、衛生面(洗えるもの)ならモイスファインがおすすめです!

 

 

 

是非チェックしてみてください!

 

Sponsored Link
page top