20代で帯状疱疹をやった時の症状と治るまでの経過

私が20代で帯状疱疹をやった時の症状と治るまでの経過

20代で初めて抑うつをやった時に発症した帯状疱疹

 

帯状疱疹とはどういった症状なのか原因や治し方とか詳しい説明は専門サイトのほうが
正確でわかりやすいのでこちらを参照してください。(ぶん投げ)

参照元:帯状疱疹.jp
https://taijouhoushin.jp/reason/

 

また私が帯状疱疹になった時の体と心の状態は以前書いたのでそちらを参照していただけたらと思います。

 

20代で帯状疱疹になった時の話↓
20代で初めて抑うつをやった時のはなし【2】

 

20代で帯状疱疹ができたとき周りに相談できる人がいなかった

 

帯状疱疹ですが、そもそもどの年代が多く発症するのかというと

 

50代以降の方が特に多いみたいです。

 

その為今でこそメディアでも取り上げられることが多くなりましたが
当時は20代〜40代の働き盛りの人で知っている人はごく一部という状況でした。

 

私が帯状疱疹になった時、周りで帯状疱疹を知っている人は家族はおろか会社の人でも1人しかおらず。
帯状疱疹を発症した人に関しては私以外居ませんでした。

 

そのためかなり辛い状態でしたが
誰にも相談することも共感してもらうこともできず会社を休むことができませんでした。

 

 

帯状疱疹の痛みは人によって大きく違う

 

帯状疱疹になり誰にも相談することも共感してもらうこともできない理由のもう一つの原因として

 

帯状疱疹は人によって痛みが違うということも関係しているのかなと思います。

 

要はあれです。

 

帯状疱疹の痛みは生理痛と同じ領域の話。

 

 

当時のネット上では、

  • かゆいだけ
  • 針でずっと刺されている痛み

痛いか痛くないかのどっちかしかない感じでした。

 

また、当時のネット上の帯状疱疹の情報としては
若い人は免疫力が高い為比較的軽症で済むことが多く痛みもピリピリする程度。
と書かれていることが多かったため、私がどれだけ痛みを訴えたところで上司は信じてくれないだろうなと愕然としていました。

 

因みに年齢は20代前半で私が帯状疱疹になった時の痛みの程度ですが、

  • けんざんで刺されているような痛みが右肩肩甲骨半周分ある。
  • 病院から処方された痛み止めなんて、これっぽっちも効かない。
  • 広範囲の水ぶくれが動くたびに破け、化膿し、擦れる痛みもある。

 

帯状疱疹をやってから5年たち、幸運にも後遺症の痛みは無いにせよ
痕はいまだに残っているあたり、かなりひどいレベルではありました。

 

帯状疱疹の傷みは1週間以上はあったと思います。
1週間で徐々に痛みが減ってくるというわけではなく

 

24時間襲ってくる強烈な痛みが収まるまで1週間かかったという話です。

 

 

帯状疱疹の痛みが納まるまでの過ごし方

 

基本的に帯状疱疹がある幹部には病院から処方してもらった軟膏を塗った後大きめのガーゼで覆いました。

 

私の場合背中に発症したため、
孫の手を使ってどうにかこうにかして背中に薬を塗ったりガーゼを張っていました。

 

会社は休めなかったので普段通り毎日12時間働いていました。

 

帰宅後。

 

お風呂に入るときは極力、帯状疱疹がある部分にシャンプーなどがつかないように慎重に洗い、
水ぶくれがつぶれて汁が出てしまった箇所はぬるま湯で洗い流していました。

 

勿論激痛です。

 

痛みが落ち着くまで歯を食いしばりながらお風呂に入っていました

 

お風呂から上がったら軟膏を塗ってガーゼを張り

 

あとは激痛に耐えながら過ごします。

 

夜は勿論痛みがひどすぎてほぼ寝れません。

 

抑うつで、もともと不眠症であったことも関係しているとは思いますが、とにかく寝れません。

 

体が「さすがに寝ないとやばい」となった時強制的に睡眠が取れる程度で多少回復したら痛みで叩き起こされます。

 

こんな感じで寝て起きてを1晩中繰り返します。

 

そしてまた12時間働きに出るわけです。

 

これを1週間続けました。

 

 

 

帯状疱疹の痛みが納まってから痛感する傷の酷さ

 

帯状疱疹の強烈な痛みが納まって多少寝れるようになった頃、今まで痛みがひどすぎて気にならなかったのですが
水ぶくれができていた箇所がかなり酷いことになっていることに気づきました。

 

かさぶたができてもすぐに剥がれ、ジュクジュクになり、またかさぶたができて・・・
帯状疱疹が出た箇所にきちんとかさぶたができるまで1カ月以上かかったと思います。

 

もともと20代で初めて抑うつをやった時のはなし【1】でも書いた通り
体的にも精神的にもボロボロだったので傷の治りが人よりかなり遅いということもあったと思います。

 

結果的に一番大きい水ぶくれの傷がふさがるまでには3カ月以上かかりました

帯状疱疹の傷がふさがって残った色素沈着を見て思うこと

 

帯状疱疹の傷がふさがり残った色素沈着。

 

幸いにも私は人目につかない背中の発症だったものの、見るたび落ち込みます。
傷跡が残ってしまったという気持ちもそうですが、何よりあの時ほんとうに辛かった・・・。

 

帯状疱疹をやってから5年たちましたがあの時辛かったことや関わっていた人などいまだに夢で見ることがあります。

 

この色素沈着がなくなった時、ようやく過去を振り切って進めるのかなと。

もし周りで帯状疱疹になった人が居たら

 

もし、周りで帯状疱疹になった人が居たらまず健康状態を気にかけてあげてほしいです。

 

あとはストレスが過剰になっていないかどうか。

 

そして何より休ませてあげてほしい。

 

そういえば周りで帯状疱疹になった人いるな、少し調べてみようかな。
となった方に是非読んでほしいのがはたらく細胞BLACK
(帯状疱疹のことは4巻に書かれています)

 

 

 

 

帯状疱疹が発症するとき体の中がどんなことになっているのか理解しやすいということもあるのですが。
なにより細胞たちのセリフが私が周りに訴えたいこと、理解してほしいことだったから。

 

 

20代でも帯状疱疹になることはあるし、重症化することもあるんだという理解が
少しでも広まってくれればいいなと思います。

 

でわ!

page top