自堕落生活術を紹介しています。

就活用の靴は自分でカスタム!痛くないパンプスにする方法!

 

就活用に買ったパンプス。

 

普段ヒールをはかないからか

 

1時間も歩くととにかく痛い!

 

特に体重が全部乗っかる

 

足の指の付け根全体!!

 

 

痛い!痛すぎる!!!

 

とはいっても、自分の足に合う靴が見つかるまで買いなおすのも

 

お金も靴も、もったいない。。。

 

自分で自分の足に合った靴にカスタムできたらと思いませんか?

 

できます。

 

できちゃうんです。

 

というわけで早速やり方をご紹介します!

痛くないパンプスにするカスタムに必要なもの

 

<用意するもの>

痛くないパンプスにするカスタムにする方法

 

滑り止め用の型紙を作ります

 

紙の上に靴を置き、接地する面をぐるっとぺんで縁取り型紙を切り取ります。

 

 

型紙は左右反転すればもう片方の型紙になるので1つ作ればOKです。

 

 

滑り止め用のゴムを切って靴に貼り付けます

 

作った型紙を使い滑り止めを切り取ります。

 

 

切り取った滑り止めは靴用の糊をつけて靴に貼り付けます。
この時靴の端がはがれやすいのでマスキングテープを使って固定します。

 

滑り止めを付けたら糊がしっかり乾くまで半日ぐらい置いておきましょう。

 

 

靴ストレッチャーを使って自分の足に合うまで拡張します

 

靴を履いた時に少し当たる部分があるという人は

 

シューズストレッチャー を使ってサイズを拡張しておきましょう。

 

 

 

シューズストレッチャーはレバーを回すと、つま先を開いたり長さを変えることができます。

 

また付属品にタボという部品があり、
シューズストレッチャーの穴にはめて拡張すると
脚の指など、靴がちょうど当たる部分などをピンポイントで拡張することができます。

 

 

靴にシューズストレッチャーを入れたらレバーを回し、

 

もう回らない!というところまで広げます。

 

 

 

シューズストレッチャーを入れたら靴の拡張が固定するまで1晩は放置しましょう。

 

前滑り防止がついているインソールを入れます

 

前滑り防止とは脚の指の付け根が盛り上がっている加工がされているものです。

 

例えばドクターショールのパーティフィートなどがそうです。

 

 

インソールを入れて少しきつくなったようであれば、
もう1度ストレッチャーで靴を拡張します。

 

 

 

 

 

以上で簡単。自分の足に合った靴にカスタムできます。

本当に痛くないパンプスになるのか解説

 

説明が簡単すぎて本当に痛くならないか心配だよ!

 

という方のために次で解説しますね。

 

パンプスを履いた時に足の裏の先が痛くなる原因

 

パンプスを履いた時に足の裏の先が痛くなる原因は

 

  • 足の裏1か所に全体重のストレスがかかる
  • 地面から自分の体重分の反発がくる為
  • 前滑りによる摩擦

 

です

 

どうして靴の滑り止めをつけると痛くならないの?

 

ヒールをはいたとき、体重がどこにかかるのかというと足の指の付け根付近です。

 

 

足を踏み出して着地したとき一番重力がかかるのですが、

 

ペタンコ靴の場合まず皮の厚いかかとから着地しますよね。

 

しかしヒールの場合は皮が薄目なつま先から着地します。

 

その皮の薄い部分に自分の体重分の反発が足の付け根に反ってきます

 

ずっとトンカチで足の指の付け根を叩いているのと同じことなので

 

当然足の裏は痛くなります。

 

 

 

そこで地面からの反発を少なくするためにクッション作用がある厚めの滑り止めを装着します。

 

 

既に滑り止めがついているパンプスにも滑り止めをつけたほうがいいの?

 

滑り止めの種類によります。

 

雪国の靴のように、靴底がスタッドレスになっていて厚みががある場合は不要ですが、

 

薄い靴裏に細かい溝が彫ってあるような場合は

 

新たに張り付けたほうがいいです。

 

厚めの靴底ってどれくらい?

 

5mmは欲しいところです。

 

靴底が5ミリって不格好にならない?

 

就活用ではありませんが、こちらは私がつけた靴底5mmのパンプスです。
ベージュの底が自分でつけたスぺり止めです。

 

 

全然違和感がないのがわかると思います。

 

 

靴ストレッチャーを使って靴がさけない?

 

靴が避ける程の力がかかる前にストレッチャーは開くなくなるのでさけません。

 

インソールはやっぱり必要?

必要です。
パンプスをはいたときに足が痛くなる原因、前滑り防止のためです。

 

ここでいう前滑りとは足が靴の中で前にずれることです。

 

 

 

歩くたびに滑るとそれだけ足の裏とインソールの間で

 

摩擦が起きます。

 

要はヤスリで足の指の付け根をずっと擦っている状態になります。

 

そりゃ痛くなりますよね。

 

そのため

 

前滑りによる摩擦を予防するためにも前滑り防止がついたインソールを入れましょう。

 

 

以上で、簡単に自分の足にぴったりあった靴にカスタムできます!

 

ここで紹介した方法を使えば、

 

就活用だけでなく結婚式などに使うパンプス、ヒールなども

 

手軽にお直しできますので、是非やってみてくださいね!

page top